多様性研究の脳内イメージ
株式会社 多様性総合研究所 採用概念
  1. 「システム」の経験は無い方が良いが、多様性総合研究所の理念に沿った行動を何かしら体現した経験があること
  2. 扱うのは「多様性」についての問題であり、「時間」「シミュレーション」はその一要素に過ぎない。この位置づけが感覚的に理解できること
  3. 「柔軟」な思考形態と同レベルで「論理的」な思考形態を保持していること
  4. スポーツなどの経験を通し、体力及び忍耐力に長け、甘えを完全に排除させる指導に対して充分対応できる体勢ができていること
お知らせ

新型コロナウィルスPCR検査における疑似陽性等特異度に関する東京大学・埼玉大学の共同研究への賛同を決定いたしました。(2021/04/28)

【開業10周年のご挨拶】2017年10月10日 株式会社 多様性総合研究所は開業10周年を迎えることができました。(2017/10/10)

~文快~ソリューションのページタイトルをメールに!ブログに!日記に!感じの良い文章か人工知能(AI)による自動採点でチェック!~文快(無料版)~へタイトル変更しました。(2017/03/31)

総務省 平成28年度 異能vationプログラム「協力・協賛企業マッチングイベント」において、『“文章の快・不快を自動的に採点”~文快~(人間の「印象」をモデル化した思考モデルとその応用例)』と題して発表を行ないました。(2017/03/24)

“データコンサルティング”事業ホームページを開設しました。(2017/01/01)

事業拡大のため資本金の増資を実施しました。(2015/04/10)

日経ビッグデータ紙へ案件・人材データの特性・マッチング解析に関する取材協力を行ないました。(2014/10/10)

重畳パススコアが特許登録されました。特許第5458350号(2014/01/24)

思考モデルの国際特許出願を行ないました。(2011/09/01)

重畳パススコアの国際特許出願に伴い、タスクグラフクリティカルパス重畳パススコアについての詳細ページを開設しました。(2010/07/12)

こちらへ→お知らせ情報一覧を見る

現在閲覧されている方は名刺などのURLを参照された、多様性総合研究所の本質をご存じの方たちが殆どだと認識しておりますので、「こういう表現も含めた方が良い。」 「学術的にはこの部分が正確ではない」など、何卒積極的にご意見を教授下さいますよう、お願い申し上げます。

なお、弊社との全ての接触データ(言動、行動、動態、属性)は、統計処理後、解析・研究・論文発表の対象となることをご了承ください。