多様性研究の脳内イメージ
代表取締役 吉田尚弘 ご挨拶

本当の意味でみんなが幸せになり得る社会を目指す企業へ

今こうして多様性総合研究所を設立し、その発展を願う背景には、昔、小学生だった頃の「夢」がベースとして存在しています。その夢というのはなんでもできる研究所と言うものでした。

当時、身の回りには不思議なモノがあふれていました。テレビでは様々な巨大、合体ロボットが闊歩し、銀行の窓口ではその取引をATMへと移行し、ドラえもんは空を飛び、、、そうした夢とも現実ともつかないような虚構を含む「事実」がその多様的な「情報」を多様的な媒体を通して流れ込んできていた時代でもあります。

現在、時代は当時夢見ていた21世紀の未来を迎えています。ドラえもんの誕生日はまだ先ですが、それ以外のかなりの「夢」は設定上の年代を迎え、その中で登場したいくつかの道具やロボット、様々な仕組みは、高度な研究成果やたゆまぬ努力によって、「現実」のものとして人類が手に入れ、あるいは手に入れつつあります。

確かにこうしてみると我々は色々な困難を解決し、色々なものを生み出し、色々なものを手に入れたかに見えます。しかしながら、、、

続く、、

右矢印代表取締役 吉田尚弘の経歴はこちら研究などについてはこちら

お知らせ

現在閲覧されている方は名刺などのURLを参照された、多様性総合研究所の本質をご存じの方たちが殆どだと認識しておりますので、「こういう表現も含めた方が良い。」 「学術的にはこの部分が正確ではない」など、何卒積極的にご意見を教授下さいますよう、お願い申し上げます。

なお、弊社との全ての接触データ(言動、行動、動態、属性)は、統計処理後、解析・研究・論文発表の対象となることをご了承ください。