株式会社 多様性総合研究所 研究と沿革
年月 研究と沿革
2015年04月 “データコンサルティング”事業を始動する
2015年04月 事業拡大のため資本金 1,000万円への増資を実施する
2014年10月 エッジシステム株式会社と共同で日経ビッグデータ紙へ案件・人材データの特性・マッチング解析に関する取材協力を行なう
2014年01月 重畳パススコアの特許を登録する
2013年12月 事業拡大に伴い本社を埼玉県さいたま市へ移転する
2011年09月 思考モデルの国際特許を出願する
2010年09月 思考モデルの特許を出願する
2010年07月 重畳パススコアの国際特許を出願する
2009年12月 文章を解析し自動採点を行なう~文快~をコンサルティングソリューションに追加する
2009年11月 Web閲覧行動プロファイリングをコンサルティングソリューションに追加する
2009年10月 Web閲覧行動マップグラフをコンサルティングソリューションに追加する
2009年07月 重畳パススコアの特許を出願する
2009年05月 重畳パススコアマップをコンサルティングソリューションに追加する
2007年10月 株式会社 多様性総合研究所を神奈川県横浜市西区みなとみらいに設立する
2005年10月 大手証券会社2社の合併システム統合に際し、合併後データ処理量を予測。夜間バッチ処理における該当問題個所とその予測時間を提示することでシステム統合を成功させる
2003年03月 大手金融シンクタンク開発の証券数十社向けバックグラウンドシステムにおいて、口座数の変動などを加味した動作時間の予測に成功する
2002年09月 大手金融シンクタンクのシステム開発に協力。テスト工程における入力作業の自動化フレームワークを完成させる
2001年05月 大手通信系送付物管理システムの各種開発とチューニングに協力する
1998年10月 大手計算機メーカーの損保・銀行・官公庁向けシステム開発に協力する
1995年04月 NMRや中性子線回折による測定結果の解析を研究テーマとする
1994年04月 超高圧下での酸化サマリウムのラマン分光を研究テーマとする
1990年05月 ニューロによるダンプリストスキャン文字入力を研究テーマとする
1988年07月 株価変動の効率的チャート化とその価格変動予測を研究テーマとする
1987年03月 コンピュータを利用した情報通信を研究テーマとする
1986年07月 音声波形などの離散フーリエ変換による解析を研究テーマとする
1984年01月 機械製造メーカーの在庫・品質管理用各種システム開発に協力する
1983年04月 食品交換表のデータベース化を研究テーマとする
論文
  1. N. Yoshida, N. Onoda-Yamamuro, S. Ishimaru, K. Horiuchi and R. Ikeda, Zeitschrift fur Naturforschung A 53 (1998), 473-479, Temperature Dependence of 2H Quadrupole Coupling Constants in 2H2O and Ionic Motions in Crystalline [M (2H2O)6][SnCl6](M: Mg, Ca), Studied by 2H NMR and Neutron Powder Diffraction
  2. N. Onoda-Yamamuro, N. Yoshida, R. Ikeda, K. Oikawa, T. Kamiyama and F. Izumi, Physica B: Condensed Matter 241-243 (1997), 463-465, Crystal structure and molecular motion of [Mg(D2O)6][SnCl6]
特許
  1. 吉田 尚弘, 思考モデルの作成方法、思考モデルの作成装置及び思考モデルの作成プログラム, 出願日2010年9月1日, 特願2010-196265, 特開2012-053716
  2. 吉田 尚弘, タスクグラフ解析装置およびタスクグラフ解析プログラム, 出願日2009年7月1日, 特願2009-156588, 特開2011-013874, 特許第5458350号
お知らせ

現在閲覧されている方は名刺などのURLを参照された、多様性総合研究所の本質をご存じの方たちが殆どだと認識しておりますので、「こういう表現も含めた方が良い。」 「学術的にはこの部分が正確ではない」など、何卒積極的にご意見を教授下さいますよう、お願い申し上げます。

なお、弊社との全ての接触データ(言動、行動、動態、属性)は、統計処理後、解析・研究・論文発表の対象となることをご了承ください。