多様性研究の脳内イメージ
~文快~

弊社の主観について( ~文快~スコア : 43.0点 )

多様性のある世界では、人は自分が思っている以上に、知り・考え・判断しているものです。 自分が今まで体験してきた「常識」「普通」といった判断基準もある程度は必要ですが、それ以上に対象としている相手のことをどれだけ、想い、配慮し、尊重しているかが重要となります。

弊社はこの点を重視し、解析上、文体や文法の正則性についてはあまり考慮せず、また、使用単語や内容なども文章作成者の意向をなるべく優先した上で、文章が相手にとってどのように受け止められるかを判断の基準としています。

~文快(無料版)~はスコアが高い低いで一喜一憂するものではなく、書いた文章に対して自分が思った通りの感じの良さ、悪さを備えているかを自動採点によりチェックするためのソリューションです。

文章というものは受け手に感じが良いから良い文章、感じが悪いから悪い文章というわけではありません。 常に感じの良い文章ということであれば、それは相手に迎合するだけの八方美人なのかもしれませんし、感じの悪い文章を書いているのに気がつかないのもまた、伝えたい事柄によっては不都合があるでしょう。

弊社のホームページの文章はトップページを含め、随所に~文快~スコアをわざと低い状態に保たせているものがいくつもあります。

また、例えば Twitterと2ちゃんねるとの違いについて自分と他者との関係を用いて考察している方や、 Twitterの難しさが本質的な人と人との関係性に起因していると見る方、 Twitterでの価値観の相違について言及する方、、、、 等々いるように、Twitterに関係するものだけを取り上げても、すでに書き手読み手双方に多様性のある価値観について、少なくとも認識の必要性が顕在化している時代でもあります。

感じ方が悪いと分かっていてもなおそれを表明する必要がある時、、考え抜いた上でそれをためらいつつも行なえる訓練は書き手に、また、その意図を汲み取る訓練は読み手に、多様性のある世界では、それぞれそうしたことも必要なのかもしれません。

お知らせ

現在閲覧されている方は名刺などのURLを参照された、多様性総合研究所の本質をご存じの方たちが殆どだと認識しておりますので、「こういう表現も含めた方が良い。」 「学術的にはこの部分が正確ではない」など、何卒積極的にご意見を教授下さいますよう、お願い申し上げます。

なお、弊社との全ての接触データ(言動、行動、動態、属性)は、統計処理後、解析・研究・論文発表の対象となることをご了承ください。